平成29年度OHK杯第23回坂出市・小中学生カヌースプリント選手権大会

去る10月8日(日)香川県坂出市府中湖カヌー競技場にて開催されました、平成29年度OHK杯第23回坂出市・小中学生カヌースプリント選手権大会に、芦原小学校6年の浅野咲ちゃんがエントリーしました。

  
  
小学生女子K-1、200m予選に向かう、咲ちゃん。
  
  
  
不安を抱えてのレースです。
  
  
  
予選は4位で通過しました。
  
本人曰く「落ちたくないし、でも速く漕がなきゃならないしで焦って、パドルがバタバタで自分の漕ぎが出来なかった(咲」そうです。
  
  
実は咲ちゃん、去る7月22日(土)・23日(日)に山梨県精進湖にて開催された小学生大会に出場していました。
  
  
  
小4準決勝進出、小5ファイナル9位と続き、最高学年の今年はファイナル上位入賞を目指していました。
  
 
ところがまさかのレース途中での転覆。予選敗退、記録なしという残念な結果で終わりました。
  
  
「ホームページにこの結果を載せないでほしい(咲」
  
大粒の涙をこぼしながら救助艇で戻って来た咲ちゃんの気持ちを聞いた時、もしかしたらこれまでにも、乗せてほしくない選手たちの結果をこのホームページに載せていたこともあるのかなと申し訳なく思いました。
  
  
この大会以降、スプリント艇に乗るのが怖くなってしまい、練習中も落ちるのが怖い、不安だと言い続けてきました。
  
しかし今回の予選を転覆せずに無事に通過できたことで安心し、自ら見つけた予選の反省を生かしての準決勝レースでは、
  
  
  
出遅れたスタートを埋めるようにグングンと艇を延ばし、
  
  
ひとパドルひとパドルを丁寧に漕いで、咲ちゃんのカヌー人生で初の、ぶっちぎり1位通過という結果になりました。
  
  
毎回大きな大会で、他の選手を寄せ付けない圧倒的な優勝を飾る福井工大福井のペトラン・ファンニ選手になれたみたいだと笑顔で帰って来ました。
  
  
このままファイナルレースも落ち着いて漕いでくれればもしかしたら・・・と期待されましたが
  
  
レースウェイティング中に転覆して、寒くて寒くてそれどころではなかったレースになってしまいました。
  
  
  
結果はファイナル7位。それでも、ひとつ自信を付けた大会となりました。
  
  
  
閉会式終了後、駅伝大会でも親交のある岡山県のチームのみなさんと記念撮影をしました。いつもありがとうございます。
  
  
大会役員の皆さんには「福井は来年の国体開催県だね」などとお声かけいただき、初めての大会でも楽しく過ごすことが出来ました。ありがとうございました。

日刊県民福井さまに掲載されました

本日19日付け日刊県民福井さまに、スプリントの浅野咲ちゃんが掲載されました。

 


日刊県民福井に紹介されました

カヌーポロ日本代表がイタリアにて激戦を繰り広げていたころ、あわらカヌースポーツ少年団に所属する浅野咲ちゃん(芦原小5年)が日刊県民福井さまの取材を受け、9月4日に紹介されました。

 

夏休みに開催された全国少年少女カヌー大会のことについて、咲ちゃんがカヌーを始めるきっかけとなったこと、今年の目標を達成したこと、そして来年への抱負などが写真と共に掲載されています。

 

 

日刊県民福井さま、ありがとうございました。


平成28年度全国少年少女カヌー大会

7月22日(金)より24日(日)まで、山梨県精進湖にて開催されました全国少年少女カヌー大会に、昨年に引き続き浅野咲ちゃん(芦原小学校5年生)がK-1、女子200mに出場しました。

 

 

 

 

咲ちゃんはファイナルレースに進出することを目標にしています。

 

 

初日の予選を3位で通過し、無事に準決勝に進出しました。

 

タイムを見ると全体では5位につける好レースでした。6位入賞にも期待が持てます。

 

 
本人も満足のいくレースだったよう。

 

 

準決勝に上がる選手の艇はこの後検艇をして、艇の重さが足りているかどうかを調べます。

 

開会式前に選手全員の艇を検艇し、レース直後にはまたランダムに検艇があります。レース直後の検艇で重さが足りていなかったり、つけていた重りが艇の中から落ちてしまったりするとその選手は失格となってしまうのです。

 

さて24日(日)、この日は富士山が顔を見せてくれました。

 

 

準決勝レースに向かう咲ちゃん。このレースはコンマ差で予選6位に控える選手との直接対決となります。

 

 

 

好スタートを切りました。

 

 

残念ながら後半伸びず、しかしこの準決勝を2位でゴールして、自身初の決勝レース進出を決めました。まずは目標達成です。

 

 

こちらは山梨県カヌー協会のお二人。検艇場では面白おかしくお話してくださいましたよ。お世話になりました。ありがとうございます。

 

 

いよいよ決勝レースです。

 

 

一所懸命に漕ぎましたが後半タイムが伸びず、残念なことにタイムを4秒も落として、9位でゴールしました。

 

【詳しい全レースの結果】

 
 
ファイナルレースの結果。
 
 

本人は来年メダルを獲得するという目標を立てましたよ。またみなさん、応援をよろしくお願いしますね。


B&G杯全国少年少女カヌー大会 2015・結果

去る7月25(土)・26日(日)山梨県富士河口湖町精進湖にて、B&G杯全国少年少女カヌー大会2015が開催されました。福井県からは芦原小学校4年生の浅野咲ちゃんがK-1、女子200mにエントリしました。
 


ブイの浮いたコース、小学生選手たちとのレース、自動発艇装置などなど、一ヶ月ちょっと前に練習を始めた咲ちゃんにとっては初めてのことばかり。

大会前日の公式練習ではどうやってコース内に入っていいのかが分からず、来た道を逆漕して戻ってきてしまいました。
 
大会初日。不安を抱えての予選、スタート地点までは鹿児島県チームの選手にお願いして連れて行っていただきました。鹿児島の選手も、そのご父兄のみさなさまにも快く受け入れていただきありがとうございました。



予選は7選手でスタートしましたよ。



咲ちゃんの初レースは同レースの選手全員が6年生の中、4位で準決勝進出。とてもがんばりましたよ。





27日(日)、準決勝では9選手中の3位通過を目指します。













残念ながら6位敗退。





来年はファイナルに残れるように、がんばるそうですよ。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

search this site.

archives

profile

others

mobile

qrcode